<< 金がないことは頭を全て持っていかれていることに等しい | main | キャバクラというものの楽しさがいまいちわからない >>

行きたいところへ行けず、やりたいことができない。

0
    人々は自由になろうともがき、あがく。 しかし生活が纏わり付いて身動きが取れない。 しょうがないので、生活を背負って動ける範囲で行動する。 だが、生活は重くのしかかり、 行きたいところへ行けず、やりたいことができない。 結局は何もかも諦め、 動ける範囲でできることに喜びを見出していく。 平日にいきなり海外旅行は無理だが、 今日のご飯は好きなものを食べようだとか、 流行のDVDを借りてみようとか、 自由を定型化された娯楽の享受で代替する。 実は全く代替になっていないのだが、楽しいのでよしとするのだろう。 今ある状況から抜け出せないのなら、 その状況で代わりの楽しみを見つける。実に適応的だ。 進化心理学的に正しいと思う。人間はそうして生き残ってきた。 だから現代に生きる我々も、 閉塞感のある社会状況に順応して、 制度に逆らわず、常識に逆らわず、 小さな楽しみを希望にして生きていくべきなのか。 否! 違うのだ!声を大にして言いたい! それは断じて違う! 世間一般に浸透していることと、 自分がそれを選択することは全くイコールではない! 常識的な生き方が正しいとして・・・正しさが今さら何だろう! 社会的に間違っていても、常識的に間違っていても、 何ら問題ではないのだ! 現状で何とか間に合わせようとチマチマ努力するのではなく、 現状を大胆に変え、常に自己を乗り越えんとするのだ! それこそ、人間的であるということではないか! このままでは人間でなくてニンゲンだ。 私には見える。 こんな腐った生活をしている状況を宇宙人が見下ろして、 「おいニンゲン共!何だその暮らしは!楽しいのか!」 と嘲笑っている姿が! この例えがいまいち伝わっていなくてもフィーリングで理解しろ! やはりどこかに嘘がある生き方はよくない。 嘘がある生き方をヤケクソで肯定することはもっとよくない。 効率や幸福や金銭などがいったいどうしたというのだ。 幸福になるために効率的に金稼ぎをしたところで、そんなものは何でもないだろう! 所詮は誰かの価値観の手の中だ!
  • 綾部市 霊能力者 
  • 福知山市 霊能力者 
  • 京都市 霊能力者 
  • 宮津市 霊能力者 
  • 京田辺市 霊能力者 
  • 京丹後市 霊能力者 
  • 南丹市 霊能力者 

  • スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.17 Sunday
      • -
      • 02:37
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック