<< そもそも出世したい人間は出世によって何がしたいのだろうか | main | 不動産収入-必要経費=不動産所得 >>

スポンサーサイト

0
    • 2017.09.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    地方銀行でも融資に色々と条件をつけてくる

    0
      都市銀行はもとより、 地方銀行でも融資に色々と条件をつけてきやがるからだ。 銀行といえどもたかが金貸しだろうが。 ちゃっちゃと貸せ。すんなり貸せ。 勤務年数X年以上とか、年収X百万以上とか、 くだらねえ条件をつけてくるな!婚活か! それでいてしっかり保証会社や保証人を要求してきやがる。 なんでもありか! 金を持っている奴が偉い、金がない奴はクズ。 銀行の思考はそれだけだ。 借りる人間のこれからを見ようとしない。 投資先を見ようとしない。 そういうわけで日本政策金融公庫だ。 銀行は営利企業だが、政策金融公庫は財務省管轄。 多少は話がわかるってもんよ。 それで話を聞いてみたら、やはり多少はわかっている。 まず融資の際に勤務年数や年収の縛りはない。 あくまでも対象の不動産の価値を基準に決定される。 だが融通の利かない面もあって、 事業としての不動産投資でなければ貸せないという頑固さ。 銀行ならマンションの区分所有1室から融資を行うが、 政策金融公庫は収入が数十万になる一棟ものが主流だ。 まあ必ずしも一棟である必要はないが、 マンションなら5室以上を同時に購入するような、ある程度の規模を必要とする。 それが融資対象の基準である、 不動産を事業として行っているかどうかの境目になるらしい。 なかなかに厳しい。 はじめは物件をチョコチョコと買い揃えて行きたいのがこちらの本音だ。 いきなり無謀な勝負はしたくない。 しかし、リスクを取らない者は退場せざるを得ないのだ。
    • 安い 即日 安芸市のはんこ屋
    • 安い 即日 安城市のはんこ屋
    • 安い 即日 安中市のはんこ屋
    • 安い 即日 安曇野市のはんこ屋
    • 安い 即日 安来市のはんこ屋
    • 安い 即日 伊賀市のはんこ屋

    • スポンサーサイト

      0
        • 2017.09.17 Sunday
        • -
        • 00:33
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック